春のカサカサ・ムズムズにさよなら!毎日のお風呂に〇〇〇をプラスするだけで水分と油分を一度にキープ!肌のバリア機能を整え、潤肌になれる簡単ずぼらケア♡

 

桜の便りが聞かれる頃となりました。
日に日に暖かくなる陽射しに、重いコートを脱ぎ捨て軽やかな服装でお出かけしたくなりますね。

 

 

でも、ちょっと待って。
あなたのお肌は薄着になる準備が出来ていますか?
カサカサやムズムズが無く、しっとりと潤って滑らかな状態ですか?

 

 

大地由希子1

 

 

 

気を付けましょう!春は肌トラブルの季節です

 

春は残念なことに、肌トラブルが増える季節と言われています。

 

 

冬の寒さと乾燥に虐められた肌に柔らかな春の陽射しは嬉しいものですが、
日中は暖かくても朝晩厳しく冷え込む日は少なくありません。

 

 

 

とりわけまだ完全な春になり切っていない初春の時期は、
寒さと共に実は湿度も冬並みに低く乾燥する日が多いのです。

 

 

また、俗に「花冷え」「三寒四温」と呼ばれるこの時期特有の激しい寒暖差も、
肌にとっては大きなストレスになるそうです。

 

 

気温の差が激しいと、肌の水分と油分のバランスが崩れがちになり、
肌のバリア機能の働きを低下させてしまうことも分かっています。

 

 

「バリア機能?良く耳にするけど何のこと?」という方のために、簡単に説明しますと、
バリア機能とは、皮膚の一番上にある角層のことを言います。

 

 

わずか0.02ミリの薄さにも関わらず、内にある水分を逃がさず、
かつ外からの刺激も跳ね返す、二重バリアの働きを担っています。

 

 

こんなに薄いのに幾層にも重なった細胞によって作られており、
層の間にある脂質のセラミドが潤いの元となります。
バリア機能が正常に働いている肌はしっとりと潤い、
多少の外的トラブルにも負けない、強くて美しい美肌と言えるのです。

 

 

が、春の肌を取り巻く環境は過酷です。
先述の乾燥の他にも花粉や黄砂、粉塵の飛来、強まる紫外線など、
外部からの刺激にこれでもかと襲われる季節です。

 

 

肌が弱るとガード効果のある皮脂が減り、バリア機能は低下、
ますます肌の乾燥が進む悪循環へと陥ってしまうこととなります。

 

 

こうして、カサカサやムズムズといった、春の肌にありがちなお悩みが噴出してしまうというわけです。

 

 

そんな悩み多き春の肌に効果テキメンなケアがあります!
と言ったら皆様はどう思われますか?

 

 

 

「どうせ高価なんでしょう?」
…いいえ、毎日実行してもすごくリーズナブルです。

 

 

「じゃあ特別なテクニックが必要とか?」
…いいえ、我が家では小学4年生の息子も鼻歌まじりで毎日実行しています。

 

 

「きっと時間がかかって面倒なんじゃない?」
…いいえ、正味30秒~1分で終了します。

 

 

いかがですか?
それならできそう!と思っていただけたのではないでしょうか。

 

 

大地由希子2

 

 

たった1分!早くて安くて簡単潤肌ケアのキーワードは“ずぼら”

 

過酷な環境で敏感になった春の肌、まずはたっぷりの水分でお肌を潤してあげることが必要です。

 

 

そして次に、油分のベールでしっかりとフタをして、水分の蒸発を防いであげることが大切です。

 

 

肌が欲する水分と油分を一度にたっぷりと補い、潤いを逃がさずそのまましっかりと保湿が出来る、目から鱗の簡単ケア、それは「お風呂上がりの濡れた肌に直接オイルを塗りこむこと」です。

 

 

お風呂で温まった肌は湿気によって毛穴が開き、養分が浸透しやすくなっています。

 

 

水分をたっぷり含んだその状態の肌へ直接オイルを伸ばし、足りない油分を送りこんであげることで、水分の蒸発をストップすることが出来ます。

 

 

つまりはずぼらさんにもオススメの一石二鳥なケア方法。
我が家ではこれを「潤肌オイルケア」と呼んで、毎日のお風呂上がりに実行しています。

 

 

大地由希子3

 

潤肌オイルケア用オイルの種類と効能

 

潤肌オイルケアの手順はすこぶる単純です。
掌にオイルを500円玉大くらい取り、それをお風呂上がりの濡れた全身にするする伸ばすだけ。

 

 

私は、身体→顔→髪の順に一気に塗ってしまいます。
これで1分もかかりません。
その後、普通にタオルで全身を拭いて完了です。

 

 

このケアの良い所は、即効性と持続性があるところです。

 

 

全身カサカサで粉をふいているような状態でも、
3日もケアを続ければすぐに潤肌になれて、
その後一週間ほど間をあけても潤肌状態をキープすることができます。

 

 

なので、私は毎日のケアと習慣づけて実行していますが、
夫や息子たちはカサカサ・ムズムズする時だけの限定ケアです。

 

 

オイルは何を使っても結構です。お好きなものを使用して下さい。
代表的なオイルとその効能については、以下となります。

 

 

「スクワランオイル」
人の体内でも作られる天然の保湿成分なので肌に優しく、アレルゲンとなる確率が極めて低い。

 

「ホホバオイル」
皮膚の成分に近い万能オイル。ビタミンを多く含有し、抗酸化作用がある。

 

「オリーブオイル」
角質の水分保持に有効なオレイン酸を豊富に含む。抗酸化作用、アンチエイジング効果がある。

 

「アーモンドオイル」
オレイン酸やリノール酸などの必須脂肪酸を多く含む。アロマテラピーのベースオイルになる。

 

我が家では、100ml あたり500円のスクワランオイルをベースに、
ラベンダーやイランイラン等ハーブ精油を数滴加えて愛用しています。

 

季節や気分で香りを変えることが出来、リフレッシュ効果も楽しめます。

 

 

100mlあれば家族全員で使っても2~3ヶ月はもちますので、
お財布の負担も軽く続けていただけることでしょう。

 

 

大地由希子4

 

 

季節の変わり目である今時期は、暦の上では春でも、気候はまだまだです。

 

 

「春」という甘やかな響きに油断せず、
自分の肌と相談しながら冬並みのスキンケアを行うことがポイント!

 

 

簡単に実行できる潤肌オイルケアを毎日のバスタイムに取り入れて、
充分な保湿を心がけて下さいね。

 

 

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで 美人習慣 をフォローしよう!

Written by 大地由希子

ユキコ・チョークアート・ネットワーク チョークアーティスト チョークアートの制作、販売 自宅教室・カルチャースクール・各種イベントでの指導 【ガイドとして一言】 美は内面から。若さに執着するのではなく年齢相応の美しさを体現したい、睡眠・食事・精神の充実と安定を大切にしたい、そう思って生活しています。スパイスとして、元CAならではの裏技などもお伝えできたらと思います。