“またずれ”がつらい!!直っても内腿が黒ずんでしまう方必見の解消法★

7月も半ば。もう夏本番です!

外に出た瞬間汗が吹き出すような日も少なくありませんよね。

 

夏は日焼けや汗が原因のお肌トラブルが満載の季節です。

 

その中のひとつが「またずれ」。

 

毎年のように悩まされている人も少なくないはず。

そこで今回はまたずれによる痛みやかゆみ、黒ずみの解消法をご紹介します!!

 

またずれの原因

 

またずれは、歩く際に太ももと太ももがこすれる事によって起こります。

そこにさらに汗をかくことで塩分による刺激が加わり、蒸れによって皮膚が弱っていき・・・という悪循環です。

3bb93296e59f1f5abe46e32f55a9ba1a

 

 

そのため酷な話ですが、脚が太い人の方が細い人に比べてこすれる強さ・頻度が高いためまたずれになりやすいです。

実際筆者も痩せている年はまたずれを気にせず過ごせています。

 

また、内股で歩いてしまっている人もなりやすいです。

 

またずれの対策

 

ではどうすればまたずれを防ぐ事ができるのでしょうか?

 

①摩擦を防ぐ

太ももがこすれて起こるのだから、摩擦を防ぐ事が1番有効です。

しかし、だからといって今すぐ脚を細くしろというわけではありません。

こすれを防止するためにできることは色々あります。

 

まずは、パンツスタイルにすること

スカートだと、どうしても肌と肌が接触してしまうからです。

スカートをはきたい場合は、トレンカやレギンス、長めのインナーパンツを着用する事をオススメします。

ただし風通しのよいものをはくようにしてください。

3878c1b512c5d5dfbab2be6429544c29_t

 

②汗蒸れを防ぐ

ここで使えるのがベビーパウダーです。

パウダーを内腿にぬり、乾燥を保ちます。

さらにベビーパウダーには摩擦を少なくする成分が入っているため、またずれには効果的だといえます。

時間が経つと落ちてしまうので、こまめに塗りなおすようにしましょう。

068556bb2f400713ad0333cb2c207479_t

 

またずれでできてしまった黒ずみ・・・

 

bsN112_hooduewotukujyosei

 

またずれによる黒ずみは「摩擦黒皮症」と呼ばれます。

肌が摩擦によって繰り返し刺激を受けるとメラノサイトが活性化し、過剰に生成されたメラニン色素が沈着して黒ずんだ跡が残るのです。

これは一度色素が沈着してしまうとなかなかなおらないくせものです。

 

簡単に、そして安全にケアをするのであれば、薬用美白クリーム「ホスピピュア」をオススメします。

これは湘南美容外科とシーオーメディカルが共同開発した黒ずみ専用の美白クリームで、乳首の黒ずみようですが

そのほかの身体の黒ずみにも使えます。

https://www.co-medical.jp/item/hospipure/

 

このほかにも美白クリームは色々あるので口コミを見たり使い比べるなどして、

自分に合うものを見つけていくと良いでしょう。

 

おわりに

またずれは、悪化すると痛みで歩き方が変わってしまうこともあります。

もし本当にひどいようなら皮膚科へ行くのもひとつの手段です。

しかし自分で予防することで症状は抑えられます。

長期的にはダイエットが一番効果的ですが、短期的に予防・治療していくようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで 美人習慣 をフォローしよう!