スクワットのすすめ。ダイエット効果と正しい方法!!

 

皆さんはダイエットというと何を思い浮かべますか?

 

置き換え、断食、炭水化物抜き、糖質制限・・・・

きっと食べる事を我慢する事が頭に浮かぶと思います。

 

lgf01e201309200900

 

確かに食事制限は大切ですが、それだけを行っていると挫折間違いなしです。

過度な食事制限は、体が栄養を欲している状態を強くしてしまい、

ダイエットに成功していざ元の食事に戻したときに必要以上の栄養を吸収することになってしまいます。

 

その結果がリバウンドです。

 

efb291376d08feb6a78fa263f5f27798

 

基礎代謝をあげよう

 

リバウンドを防ぐのに大切なことは、基礎代謝をあげることです。

 

基礎代謝とは、人が何もしていなくても消費するエネルギー量を示します。

ちなみに女性の平均は、体型にもよりますが1100~1200kcal/日といわれます。

つまり1日にこれ以下の食事をしていれば、やせてくるわけです。

 

images

 

しかしこの食事を続けていると、先ほども述べたように、体は危険と判断します。

そうすると体は栄養を蓄えるために消費エネルギーを抑制し、代謝を悪くしてしまいます。

 

そしていわゆる停滞期に突入し、痩せない体になってしまうのです。

 

そこで必要になってくるのは、基礎代謝をあげること

そして基礎代謝をあげるには、筋トレが必要になってきます。

 

ダウンロード

 

筋トレをしたら太くなりそう・・・

 

結果から言うと、なりません

 

というかなれません。笑

 

レスリング選手や重量挙げの選手くらいのハードな無酸素運動をしていない限り、なれません。

ダイエットで推奨されるインナーマッスルを鍛えるトレーニング程度なら大丈夫です。

 

ダイエットにはスクワットが最適

 

そして最もお勧めなのがスクワットです。

実はスクワット1回というのは腹筋100回に相当するといわれるほど、燃焼効果が高いのです。

 

なぜかというと、スクワットをするには非常に大きな筋肉である大腿筋(太ももの筋肉の総称)をはじめ、

全身の筋肉を使う必要があるからです。

 

正しいスクワットの方法は、

1.肩幅より少し広めに脚を開いて背筋を伸ばしてたつ。

2.腕をまっすぐ伸ばして前にあげる。

3.太ももが床と平行になるまでゆっくり腰を下ろす。

 ※膝がつま先より前に出ないように!

4.これを8カウントで下ろす→戻すと繰り返す

 

10回1セットで1日3セットほど行います。

 

終わりに

ダイエットは食事制限だけでは必ずといって良いほど失敗します

エネルギーを消費しやすいからだを作って、食べても太らない体を作っていきましょう!!

 

ba2a584f285f6b333994735363bc24cf

 

 

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで 美人習慣 をフォローしよう!