7月10日は納豆の日!案外知らない真の納豆の効果とは??血液サラサラは嘘??

本日7月10日は納豆の日です!

納豆は美容や健康によいとされていますが、その効果について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は納豆の驚くべき効果についてご紹介します。

 

納豆で血液サラサラは嘘?

 

よく「納豆は血液をサラサラにする」と言われますが、

これは納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素に血液溶解作用があることが理由です。

 

以前はこれを経口で摂取すると効果がないのではないかといわれていましたが、

最近では効果があるという説が有力のようです。

 

納豆にはアンチエイジング効果があった!

 

納豆は血液サラサラ効果のほか、豊富なカルシウムや食物繊維が含まれていることから健康によいという事は

良く知られている事だと思います。

しかし、実は納豆にはすばらしい美容効果を持つ成分も含まれるのです。

 

その名もポリアミンです。

 

ポリアミンは細胞分裂に重要な役割を担っている成分で、アミノ酸の一種であるアルギニンやオルニチンによって、体内で合成される成分。

ところがこの成分は20歳をピークに合成される力が弱まっていきます

そしてポリアミンが不足すると、新陳代謝が弱まり、老化が進んで行くのです。

納豆にはポリアミンが非常に多く含まれており、もちろん経口摂取でも効果があるといわれています。

 

さらにポリアミンは、じつはコラーゲンやヒアルロン酸よりも身体の内側に届きやすく、細胞に大きく働きかけます。

 

bihada1

 

納豆にはダイエット効果も?

 

納豆は不溶性食物繊維を多く含みます。

不溶性食物繊維は、おなかの中で水をふくんで膨らむため満腹感が得られるのです。

また、腸で吸収されたブドウ糖が脂肪と合成するのを防ぐ大豆サポニンも含まれます。

これにより脂肪の吸収や蓄積を抑え、肥満防止に役立ちます。

 

また納豆はカロリーが高いといわれますが、1日1パックなら約100kcal程度なので、

食べ過ぎなければ、良い効果の方が大きいといえるでしょう。

 

オススメの納豆の食べ方

 

私は1日に納豆を食べない日はないほど納豆が大好きです。

日ごろは納豆1パックでご飯を2杯おかわりするのですが、夏に向けてダイエットしている事もあり、

ご飯の代わりに納豆と食べられる方法を試しています。

 

しかしどうせ食べるなら効果が高い食べ方をしたいですよね。

実は納豆は乳酸菌を含む食品と食べると、乳酸菌が強化される事がわかっています。

 

そこで一番オススメなのが、キムチ×納豆です。

 

キムチは乳酸菌が豊富なだけでなく、低カロリーかつ脂肪分解に役立つ唐辛子が入っています。

82dae0cc8beaae6db87d482d780fc8ca_t

 

ちなみにキムチは韓国直送のものがオススメです。

日本で作られたものは味はもちろんおいしいですが、不要な添加物がたくさん入っていることも多いからです。

 

また、納豆は夜に食べるとより効果が得られるといわれます。

 

最後に

納豆の美容・健康効果は、とても優れています。

苦手という方も多い食品ですが、のりやシソをまくなどの工夫をして味をごまかしてみるのも手です。

これを機に今夜から、ぜひ納豆トライしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで 美人習慣 をフォローしよう!