夏こそ甘酒!じつは絶大な美容健康効果があった??

 

皆さんは甘酒からどの季節をイメージしますか?

 

お正月に神社の境内でふるまわれ、寒い屋外で身体を温めてくれる甘酒は、現代では冬の飲み物というイメージが定着していますね。

 

a0027_000257

 

 

でもこの甘酒、実は江戸時代は夏の飲み物でした。

 

俳句でも「甘酒」は夏の季語とされています。

甘酒が入った釜を肩に担いで売り歩く棒手振りの甘酒売りの姿は、当時の夏の風物詩だったのです。

 

なぜ甘酒は夏に売られていたのでしょうか。

 

 

 

大人はもちろん、子供も、赤ちゃんも飲める栄養飲料

 

実は「飲む点滴」と称されるほど栄養価に優れているのです。

そのため、夏バテ防止の栄養ドリンクとして認識されていました。

 

甘酒には大きく分けて2種類あります。

酒粕(さけかす)から作られたものと、米麹(こめこうじ)から作られた物です。

 

●酒粕が原料の甘酒

日本酒を製造する過程で作られた酒粕が原料の甘酒の場合、1%未満ではありますがアルコールが含まれます。

さらに、無味に近いので、砂糖と塩を使って味付けを行います。

 

●米麹が原料の甘酒

米にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させた米麹の甘酒は

アルコールフリー、シュガーフリー

オリゴ糖が含まれているため自然な甘みがあります。

 

ではどちらの甘酒を飲めばよいのでしょうか?

 

目的別に飲み分けよう

 

まず、美肌に効果的なのは酒粕といえるでしょう。

 

酒蔵で働く杜氏の手は白くてすべすべ、と聞いたことはありませんか?

 

images (3)

 

これは麹酸の働きによる効果といわれています。

麹酸にはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑え、シミやくすみを根本から防ぐ働きがあります。

 

たんぱく質生成のサポートもするため、頭皮に内側から働きかけ、ハリと艶のある美しい髪の毛へと導いてくれる効果もあります。

 

ダウンロード (5)

さらに酒粕の甘酒には皮膚や粘膜を保護するビタミンB2をはじめとしたビタミンB群も米麹よりも豊富に含まれます。

(ビタミンB郡は肌のターンオーバーを活発にする働きがあります。)

 

またアルコールの作用で血流を改善し皮膚の表面温度を上昇させる働きもあるため、慢性的な冷え性の改善や、目の下のクマ肌色のくすみを解消してくれる効果も期待できます。

 

さらに甘酒には酵素が多く含まれていますが、酵素にはそもそも抗菌や抗酸化作用があり、老化やアレルギーの原因となる活性化酸素の発生を抑え、細胞を活性化させてくれます。

 

ダウンロード (6)

 

 

しかし、ダイエットには米麹の甘酒が良いと言われます。

米麹の甘酒は酵素の働きで米のデンプンをブドウ糖に変えて甘みを出すため、砂糖を入れなくても甘みがあります。

酒粕には甘みはないので、飲む前にお砂糖を入れて味を調節する必要があります。

その分カロリーが高くなってしまうのです。

 

また米麹の甘酒に含まれるオリゴ糖は、便秘解消に役立ちます。

 

さらに米麹の甘酒にはオリゴ糖だけでなく、食物繊維も含まれているため、
食物繊維が悪玉菌を減らし、オリゴ糖が腸内の善玉菌を増やします。

もちろん食物繊維の効果により、腸内の老廃物も減らすことが可能です。

 

また米麹の甘酒は少しの量でも満腹感が得られるため、置き換えダイエットに最適といえるでしょう。

 

ダウンロード (7)

 

また点滴の成分である無機イオンであるナトリウムやリンが多く、「飲む点滴」といわれるのも米麹のほうです。

 

アルコールが苦手な方や運転をする方、あるいは赤ちゃんの離乳食として、また子供と一緒に飲みたい方も米麹の甘酒ならノンアルコールなので安心です。

ダウンロード (4)

 

女優も注目する、美肌・美髪・ダイエット効果

 

甘酒の美肌・ダイエット効果についてここまで説明してきました。

苦手な方は、クラッシュしたフルーツと混ぜたり豆乳で割ったりして飲みやすくしてみるといいでしょう。

 

images (4)

 

1日1杯飲むだけで、肌がすべすべになったりお通じが良くなったりとその効果は絶大です。

 

永作博美さん、檀れいさん、井川遥さんなど、今を時めく女優さんたちが甘酒の愛飲者であることも、なるほどうなずけますね

 

このように、甘酒は、成長期の子供や赤ちゃんにとっては最高の栄養ドリンクであり、私たち女性にとっては最強の飲む美容液なのです。

 

その効能が理解され、幅広い年齢層に受け入れられるようになった昨今、甘酒は季節を問わず飲まれるようになっています。

 

作り方も難しくはありませんし、わざわざ手作りしなくても、保存がきいて携帯にも便利な缶飲料やフリーズドライの商品など、スーパーやコンビニで手軽に手に入れられるようになりました。

日常の食生活に上手に取り入れ、家族みんなで健康と綺麗を手に入れませんか?


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで 美人習慣 をフォローしよう!

Written by 大地由希子

ユキコ・チョークアート・ネットワーク チョークアーティスト チョークアートの制作、販売 自宅教室・カルチャースクール・各種イベントでの指導 【ガイドとして一言】 美は内面から。若さに執着するのではなく年齢相応の美しさを体現したい、睡眠・食事・精神の充実と安定を大切にしたい、そう思って生活しています。スパイスとして、元CAならではの裏技などもお伝えできたらと思います。